Home > 森の野鳥 バードウォッチング情報 > エナガの生態と特徴
愛らしいエナガの姿

エナガの特徴

特徴と生態・分布・生育場所

◎全長14cm ●留鳥・漂鳥 ★雌雄同色

エナガ(和名:柄長)は、エナガ科エナガ属に分類され、九州以北に留鳥または漂鳥として生息する鳥でシジュウカラの仲間。(北海道には亜種の顔が真っ白な”シマエナガ”が生息していて人気が高い。)

エナガは日本で2番目に小さい鳥だそうで、その体重はなんと8グラムほどと言われている。(ちなみに、一番小さい鳥はキクイタダキで、体重は約5グラムだそうだ。)

野鳥の中には、例えばジョウビタキのように、雌雄で別種かと思うほど外観的特徴が異なる鳥がいてバードウォッチング初心者としては最初の1年は驚きの連続だった、エナガは逆に雌雄で同型同色で外観上は区別できない。

全長は14cmあるが、そのうち尾の長さが約半分を占めると言うから、いかに小さな鳥かが分かる。(和名はこの長い尾を柄の長い柄杓に喩えたものと思われる。)

そのうえ、嘴(くちばし)が短小で、首のくびれが全くないので、コロンとした印象を受ける。

まるでマザー・グース(英語の童謡)に出てくる”ハンプティ・ダンプティ”だ。

ずんぐりむっくりしたその外観に、真綿を思わせる胸から腹にかけての白い羽毛と下腹や肩の辺りの淡い色が合わさって、いっそう可愛らしい雰囲気に拍車をかけているように思える。

嘴から頭部中央さらには肩まで続く白い太い線も大きな特徴となっており同定に困ることはない。

繁った落葉広葉樹林を好み、シジュウカラの仲間ではもっとも群れになる性質を持っているそうだ。

私の撮影フィールドでは、シジュウカラ・ヤマガラ・コゲラ・メジロなどとよく行動を共にしている。

調べてみると、そのような習性があることが分かった。

このように他の野鳥と混成部隊を作り一緒に行動する習性は「混群」と呼ばれている。(バードウォッチングを始めると最初に覚える専門用語かも知れない。)

さらに、エナガはこの混群の中において先導を行う習性もあるだ。

ウォーキングコースの両端をシジュウカラやメジロのような小鳥が行き来しているのを見かけたら、かなりな確率でエナガに出会える。

ただ、撮影者としてみると、近くの樹にやって来てくれても、一箇所に落ち着いてくれることはほとんどなく、枝上を細かく動き回るので、レンズをあっちに向けたりこっちに向けたり撮影が大変で、「目の前にいるのに写せない」という状況を何度も経験した。

被写体としてはかなり苦労させられる野鳥だ。

もっとも、エナガと混群する他の小鳥たちも同様に落ち着きはないので、撮影の難しさにおいてはどの野鳥も大差はないのかもしれない。

レンズを通してエナガを追っているときに何度か目撃したのだが、ぶら下がりながら枝移りするのもエナガの習性の1つのようで、そのときや小枝から大きな葉の上に移動した際などにバランスを崩して落ちそうになったり滑りそうになることがある。(少なくともそう見える。)

案外鈍臭いのかもしれないが、それがエナガに魅了されるところなのだろう。

おもしろ習性

エナガは、”ヘルパー”として他の番の繁殖を手伝うことがあるそうだ。エナガどころか、シジュウカラのヘルパーになった例も記録されているという。

番になれなかった独身のオスや繁殖に失敗した個体が他の番の子育てを手伝うのだそうだ。

しかも珍しくはない行動だという。

さえずり・地鳴き/聞きなし

さえずりは高く細い声の「チーチーツリリジュリリ」、地鳴きは「ジュルリ、ジュルリ」「チュルル、チュルル」「ヒュリリリリ」のように聞こえる鳴き声が特徴的だ。

ほんの数羽のエナガでも近くにやってくるととても賑やかだ。

エナガの幼鳥
森の野鳥 生態と特徴のトップへ戻る