野鳥の写真-留鳥・漂鳥
一期一会の野鳥との出会いを写真で観賞するサイト

カワセミ(翡翠)の写真集

全長17cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

カワセミの体上面の翡翠色は「構造色」です。

構造色とは、羽毛にある微細な構造が特定の波長の光を反射して鮮やかな色彩が作り出されたものです。光源と見る角度によって色は緑色~青色まで様々で変化に富みます。

☆詳細はこちらの内部リンク

写真集

カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)

和名のカワセミは、「川にいる鳥」という意味らしいのですが、体色の美しさから漢字表記では「翡翠」と記します。一方、英名は Common Kingfisher です。「普通に見られる漁に長けた鳥」という意味合いでしょうか。英名の方は、水にダイビングして魚などを捕る生態に注目をして名付けたことが分かります。

両者の着眼点の違いに美意識の差があるように思われます。

ところで、北海道では夏鳥のようですが、他の地域では留鳥であり、平地から山間部のエサとなる魚がいる河川、湖沼、市街地の公園の池などにも生息しています。標高が高いところにはあまりいないようです。


ちなみに、ここに掲載の作品はすべて一眼レフカメラと超望遠レンズの組み合わせで撮影したものです。

撮影は「RAW」で行い、アドビの現像ソフト「Adobe Lightroom」と、同じくアドビの画像編集ソフト「Adobe Photoshop」で現像&編集を行い、「JPEG」に書き出したものです。

野鳥の写真館-姉妹サイト・ブログ
スマホ用壁紙素材写真集 フォトブログ-野鳥の写真館“一期一会”
「留鳥・漂鳥」の一覧ページに戻る
このページのトップに戻る