野鳥の写真-留鳥・漂鳥
一期一会の野鳥との出会いを写真で観賞するサイト

カワセミ(翡翠)の写真集

全長17cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

カワセミは、羽色が鮮やかで、翡翠(ひすい)のような体色から、「飛ぶ宝石」ともいわれる。頭部から背全体の青色と腹部のオレンジ色のコントラストも美しさに拍車をかけている。

水面近くを一直線に飛翔する姿を目にするとその飛翔姿の美しさに感動さえ覚える。

☆詳細はこちらの内部リンク

写真集

カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)カワセミ(翡翠)ウグイスウグイスウグイス

「飛ぶ宝石」とまで称えられる美しいカワセミですが、よくよく見てみると極めて長い嘴に比例するように頭が大きく、それに対して体が小さく、さらに足が極端に短いのも特徴と言えるでしょう。このアンバランスの体型がカワセミの歩行にひょうきんさを感じる理由でしょう。

ちなみに、漢字表記の「翡翠」の「翡」はオスを表し、「翠」はメスを表すそうです。宝石の「翡翠」は、その美しさをカワセミの背にたとえた名称だそうです。私は喩えた順番が逆だと思っていました。


ちなみに、ここに掲載の作品はすべて一眼レフカメラと超望遠レンズの組み合わせで撮影したものです。

撮影は「RAW」で行い、アドビの現像ソフト「Adobe Lightroom」と、同じくアドビの画像編集ソフト「Adobe Photoshop」で現像&編集を行い、「JPEG」に書き出したものです。

野鳥の写真館-姉妹サイト・ブログ
スマホ用壁紙素材写真集 フォトブログ-野鳥の写真館“一期一会”
「留鳥・漂鳥」の一覧ページに戻る
このページのトップに戻る