野鳥の写真-冬鳥
一期一会の野鳥との出会いを写真で観賞するサイト

リュウキュウサンショウクイの写真集

全長20cm ☆冬鳥 ☆雌雄ほぼ同色

夏鳥のサンショウクイに対して本種は留鳥または冬鳥。私の探鳥フィールドでは秋冬にしか見られないので冬鳥とした。

雌雄の違いは大きくはない。オスの頭は黒い、メスは黒灰色。オスの上面は黒灰色、メスは濃い暗灰色。撮影時の条件が大きく影響するので、写真判定は困難でしょう。 ☆詳細はこちら(内部リンク)

写真集

リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥リュウキュウサンショウクイ-冬鳥

サンショウクイの類種、リュウキュウサンショウクイは、留鳥または冬鳥として南西諸島や九州および四国に生息していますが、最近ではその分布域を北に広げており、近畿地方から伊豆半島辺りでも目撃例が報告されていましたが、2017年1月に東京都で確認され話題になりました。

2015年11月に初めて本種を撮影した際に「サンショウクイ」と教えられたのでずっとそのように思っていましたが、複数の図鑑で確認して「リュウキュウサンショウクイ」だと分かりました。

サンショウクイよりも、額の白い部分が狭い、体上面はさらに暗い、胸は黒っぽいなどの違いがあります。

サンショウクイのメスも額の白色部は狭いので注意を要しますがあまり明瞭ではなく、また額上部から体上面は灰色なので、リュウキュウサンショウクイの暗い灰色と比較すると両者は識別できるだろうと思います。

それに較べると、リュウキュウサンショウクイの雌雄を区別する方が難しいかもしれません。


ちなみに、ここに掲載の作品はすべて一眼レフカメラと超望遠レンズの組み合わせで撮影したものです。

撮影は「RAW」で行い、アドビの現像ソフト「Adobe Lightroom」と、同じくアドビの画像編集ソフト「Adobe Photoshop」で現像&編集を行い、「JPEG」に書き出したものです。

野鳥の写真館-姉妹サイト・ブログ
スマホ用壁紙素材写真集 フォトブログ-野鳥の写真館“一期一会”
 「冬鳥」の一覧ページに戻る
このページのトップに戻る